WEBコーダーとプログラマーの違いって何?|WEB業界の肩書の決め方

WEB業界の肩書の種類は本当に様々で、同じような仕事をする人達でも2~3種類の肩書があったりします。具体的には、WEBデザイナー、システムエンジニア、WEBコーダー、マークアップエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、プログラマーなどです。

一応それぞれの肩書で出来ることと出来ないことが客観的にみてわかるようにすることが肩書の目的だと思うのですが、例えばWEBコーダープログラマーとは何なのでしょうか?

何となくのイメージですけどHTMLやCSSなどのマークアップ言語やスタイルシートを使ってソースコードを記述することをコーディングと呼び、JavaやPHPやpythonなどのようにプログラミング言語を使ってコンピューターに処理を行わせることをプログラミングと呼ばれるのが一般的になっているようです。

なので仕事現場での肩書は、HTML・CSS・Javascriptを使ってWEBサイトのマークアップとフロントエンドを担当する方がコーダーと呼ばれ、プログラミング言語を使ってバックエンドのシステム開発を行う方がプログラマーと呼ばれることが多いです。

肩書を決めるのは貴方の自由

しかしHTMLとCSSしかできないからと言ってコーダーとしか名乗れないとか、開発はできるけどデザインは出来ない人はWEBデザイナーとは名乗れないのかと言うとそうではないと思います。

例えば「取締役」や「専務」などの役職は会社によって役割が決まって安易に自分で決められるものではないですが、肩書は社会的な責任を負うものでもないので、企業に属していようがフリーで活動していようが組織によってルールが明確に決められている場合を除いては何と名乗っても個人の自由です。

HTML・CSS・Javascriptなどの使える方はWEBのデザインができる方でWEBデザイナーやフロントエンドエンジニアと名乗る方も多いですし、UXクリエイターとかWEBスペシャリストとか自分で独自の肩書を付けている人もいます。

私はこれができるから肩書はこうでなくちゃいけないという考えを持ってしまうと自分で視野を狭める結果にもなりかねません。何ができるかではなくて、貴方が何をしたいかを考えてそれに沿う肩書を付ければいいと思います。スキルはそれから身に付ければいいんです。

まとめ

今回はWEB業界の肩書の決め方について解説してみましたが、簡単に言うと肩書は何でもいいんです。

貴方が今何をしたいかを考える時は、WEB制作を始めるならまず何の肩書を目指すか決めようの記事も参考にしてください。

間違っても私はプログラマーだからデザインのことはやらなくてもいいんだ。とか、WEBコーダーだからプログラミング言語を覚える必要はないんだ。と視野を狭めて物事を考えてしまうのは止めましょう。

与えられた役割を極めることは大切ですが、違う役割の人とコミュニケーションを取ったり指示を出したりする際は自分の役割とは違う知識も必要になることがあるので、ある程度知識を広く持っておく心構えは持っておくべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です