画像ギャラリーWordPressプラグインはRoboGalleryで決まり!グリッドデザイン対応

今回は簡単に画像ギャラリーが作れるWordPressプラグインRoboGalleryの機能と使い方を紹介します。

写真や画像を綺麗に美しく見せることができるサイトは質が高いデザインに見せやすいですよね。今は高価な一眼レフカメラを用意せずに、スマホのカメラでも十分綺麗な写真を撮ることができます。RoboGalleryを使って貴方のサイトにカッコいい画像ギャラリーを作ってみてはいかがでしょうか?

RoboGallery WordPressプラグイン制作者ページ

RoboGalleryができること

レスポンシブ対応(スマホ対応)

RoboGallery以外にも写真ギャラリー用のWordPressプラグインはたくさんありますが、レスポンシブ対応が無料で搭載されているのは意外と少ないです。RoboGalleryは無料プランでもスマホから問題なく綺麗に表示されるのは大きなポイントです。

グリッドデザイン

グリッドデザインとは縦横比が異なる画像でも隙間なく綺麗に配置をしてくれるデザイン手法のことです。RoboGalleryはグリッドデザインが標準装備されているので、サイズがバラバラの画像でもPCはもちろんタブレットやスマホでも無駄なく綺麗に表示することができます。

グリッドデザインを搭載するためだけのプラグインがあるくらい比較的新しいデザインレイアウトなのですが、これが標準装備されているのはとても便利ですね。

カスタマイズが簡単で秀逸

RoboGalleryはCSSでデザインをカスタマイズしなくてもWordPressの管理画面からかなり細かくデザインのカスタマイズが可能です。またその操作方法が初心者の方でもわかりやすく使い勝手がいいのでお勧めです。

RoboGalleryの使い方|設定方法

それではRoboGalleryのインストールから設定方法まで解説していきます。

まずはWordPress管理画面の「プラグイン」タブから「新規追加」へ進んでください。

キーワードに「Robo gallery」と検索したら出てくるプラグインの「今すぐインストール」を選択してください。

インストールが終了したら「有効化」を選択してプラグインを有効状態にしてください。

RoboGalleryのプラグインを有効状態にすると、管理画面のメニューに「Robo Gallery」が追加されるので選択してください。

下の画面がRoboGalleryのギャラリー一覧画面なのですが、最初はギャラリーがないので何も表示されません。まずは「Add Gallery」からギャラリーを作成してみましょう。

ギャラリー編集画面が開いたらまずは「Images Manager」からギャラリーに追加する画像を選びましょう。

メディアライブラリ若しくはアップロードファイルからギャラリーに追加する画像を選択します。その際一つ一つの画像にキャプション文章をつける場合は「キャプション」若しくは「説明」の箇所に入力しておいてください。

画像の選択が終わったら次はギャラリーの各種設定をしていきましょう。英語の説明ですが設定画面に補足情報を付けましたので参考にしてください。

RoboGallery AddGallery
RoboGallery ThumbsViewOptions
RoboGallery HoverOptions
RoboGallery MenuOptions
LoadingOptions
RoboGallery PolaroidStyleOptions

設定画面は少し長めですが、アニメーションの仕方やサイズの調整だけでなくhover時のエフェクトやロード中の設定などかなり細かい設定まですることができます。

設定が完了して更新ボタンを押すとショートコードが生成されるので、このショートコードを固定ページや投稿に貼り付けると画像ギャラリーが表示されます。ウィジェットにもRoboGalleryが表示されるのですが、ウィジェットで設定するにはPro契約をしなければ使えないようです。

RoboGallery ショートコード

完成したギャラリーも完成度が高いカッコいいものになるので是非一度使ってみてください。

まとめ

今回は画像ギャラリーを簡単に作ることができるWordPressプラグイン「RoboGallery」を紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

個人的にはグリッドデザインが自動的に搭載されているので画像サイズがバラバラでも綺麗にカッコよく表示してくれる点が非常に優秀だと感じています。

人とは少し違った形で自慢の画像を表示させたい時はオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です