駆け出しのWEBデザイナーがまず最初にやるべきこと

今回は駆け出しWEBデザイナーの方向けに、スキルアップを目指す上でまず何をすべきかを実体験を基に書いていきたいと思います。

記事を書いていく前提として、WEBデザイナーとしてのゴールを高品質なWEBページを作るということで話を進めていきますので、高品質なWEBページを作りたいと思っておられる初心者WEBデザイナーさんは是非参考にしていただければ幸いです。

イケてるサイトはEvernoteでクリップしよう

筆者はこれが一番大事だと思っています。とにかく自分が作りたいと思うようなカッコいいサイトをたくさん調べていつでも取り出せるようにしておくことは、やっていて絶対に損はないことなので是非実践していただきたいです。

UIが優れたWEBページをまとめたサイトなども多くありますので、少し時間が出来たらイケてるサイトを眺める習慣を持っておくべきだと思います。その時に、「これはどうやって作っているんだろう?」とか、「こういう組み合わせは面白いな」という風に疑問や関心を持ってサイトを眺めていると自身の向上心にも繋がるかと思います。

イケてるサイトを管理する方法はEvernoteでなくてもいいのですが、Evernote Webクリッパーがスーパー便利なので特にこだわりが無いのであればこちらを使ってみたら良いかと思います。

Evernote Webクリッパー

Evernote Webクリッパー

自由自在にバナーやアイコン画像を作れるようになろう

Illustrator Photoshop Canva

WEBサイトを作り始めるとちょっとしたバナー画像やアイコン画像が欲しいと思うことが頻繁に出てくるようになります。無料の素材などがあればそれを使えばいいのですが、オリジナルである程度の編集ができるようにしておくことは必須だと思います。

Canvaの使い方は誰でもプロのデザイナーになれちゃう画像加工ツール『Canva』の機能と使い方の記事も参照してください。

イケてるサイトをひたすら真似してみよう

パソコンを触る手

イケてるサイトをUIデザインツールなどで真似して作り、コーディングとプログラミングで形にするという作業を繰り返すのがスキル上達の近道です。最初はしんどいかもしれませんが、出来る事が増えてくると楽しくなってくるはずです!

    他所のサイトを真似する時のポイント

  • Chromeのディベロッパーツール(F12キー)が仕組みを理解するのに役立ちます(任意)
  • Wappalyzerというツールを使えば利用しているCMSや言語などを確認できます(任意)
  • 他所様のサイトを真似する時は必ずローカル環境だけで閲覧するようにしましょう(必須)
  • 参考になった時は「素敵なサイトですね」と一言メッセージを送りましょう(任意)

UIデザインツールはAdobe XDがオススメです。
UIデザインツール。たくさんあるけど『Adobe XD』がやっぱり最強だと思う。

まとめ

今回は駆け出しのWEBデザイナーがまず最初にやるべきことを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

WEBサイト一つ作るにも覚えないとスキルがたくさんあって大変かと思いますが、最も大切なことはWEBサイトに興味を持つことだと思います。

イケてるサイトが好きになったら「自分もこんなサイトを作ってみたい」という意欲も湧いてくるでしょうし、学習する時間が楽しくなると思います。

焦らずコツコツ継続してWebデザインに磨きをかけていってください(^^)