WEB制作を始めるならまず何の肩書を目指すか決めよう

「ウェブ制作というものに興味を持っているけど何から始めたらいいかわからない」

私もそうでしたが、こんな風に考えている方は多いのではないでしょうか?

ウェブデザイナー、UIデザイナー、UXデザイナー、コーダー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、ウェブディレクター、ウェブエンジニアなど。ウェブ関係の人は小洒落た小難しい名前を付けたがる傾向があるので、初心者の方にとっては「なんだか難しそうな業界」と思われがちです(^^;)

しかし、一つのホームページやウェブサービスなどを制作するときは、一人で全てを手掛けるのではなく様々な役割の人間が協力し合って一つの制作物を作り上げるのです。

もしこれからウェブ制作をスキルを身に付けたいという方がこの記事を読んでおられるなら、どの役割を目指すのかを明確に決めて勉強を始めていってほしいと思います。

失敗や遠回りをしながら学習することで得られるものもありますが、まずは自分がどうなりたいかを決めて勉強する方がモチベーションが違ってきます。

まずはウェブ制作現場での役割を見ていきましょう。

ウェブ制作現場での主要な役割一覧

WEBデザイナー

WEB制作の役割

WEBデザイナーの役割は、制作物全体の表面上のデザインを仕上げることです。

WEBの制作物はパソコン・タブレット・スマホなど様々な端末で閲覧されるため、それぞれの見栄えや利便性を考えながらクライアントと連絡を取り合いながらデザインを組み立てる必要があります。

デザイン制作に使われるツールは、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Sketch、Figma、webflowなどが使われます。今まではAdobe製品がウェブデザインの現場で使われるのが一般的でしたが、大手の制作会社がAdobe製品以外のツールも利用し始めるようになりツールの多様化が最近急速に進んでいる印象です。

また必須ではありませんが、WEBデザイナーはHTML・CSS・Javascriptなどのマークアップ言語を使ってコーディング作業を求められることもあります。

ユーザーが目に見える全体的なデザイン構成を考えて、ある程度自分でそのデザインを作ることができる人がWEBデザイナーと呼ばれます。

印刷や出版現場で活躍するDTPと役割は似ていますが、PC・スマホ・タブレットなど様々な端末の画面で制作物が閲覧されるということと、コーディング作業が必要である点が少し違ってきます。

WEBデザイナーに必要なスキル

  • クライアントの意図を汲み取るコミュニケーション力
  • エンドユーザーに対してのデザインスキル
  • デザインツールを使った制作スキル
  • コーディングスキル(出来なくてもOK)

HTMLコーダー

HTMLコーダー

コーダーはデザイナーが制作したデザインを、HTMLやCSSを使ってコーディングしていく人のことを言います。

デザインをするスキルは必要ありませんが、誰が使ってもわかりやすいHTMLマークアップスキルが必要になってきます。

スキルレベルとしては比較的低めではありますが、HTMLマークアップも作り方によってはその後の工程に大きな影響を与えるので決して楽な仕事ではありません。

HTMLコーダーに必要なスキル

  • HTML、CSSによるハイレベルなコーディングスキル

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア

フロントエンドとはコンピュータシステムの中でもユーザーに近い部分のことで、フロントエンドエンジニアは目に見える部分やユーザーからの入力情報をシステムの内部に伝える役割です。

具体的な業務内容は、HTMLコーダーと同じようにHTMLやCSSを使ってデザイナーが制作したデザインを形に起こす作業に加え、JavascriptでWEBサイトに動きを加えたり、PHP等のプログラミング言語を使ってユーザーが入力したデータなどを収集するなどのシステムを構築する仕事になります。

WEBデザイナーやHTMLコーダーと協力をしながら、サイトの目に見える部分の構成をまとめ上げる役割も持ち、WEBディレクターへフロントエンドの最適化について企画や提案をすることも求められます。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

  • HTML、CSSによるコーディングスキル
  • Javascript、jQueryを使った動的コンテンツ制作スキル
  • CMSを使ったサイト管理スキル
  • PHPなどのプログラミング言語を使ったプログラム組み込みスキル
  • デザイナーやコーダーとともにチームをまとめ上げるリーダーシップ

UIデザイナー/UXデザイナー

UI/UXデザイナー

UIとはUser Interfaceの略で、簡単に言うと「ユーザーが目にする部分」のことです。

例えば、「このバナーにはどの色を使えばユーザーが見やすくなるか」、「タブレットで表示するには文字のサイズをもっと大きくしよう」、「スマホでも読みやすいように文字の間隔を少し開けよう」、「お問合せフォームボタンをサイト下部に固定させてすぐに質問できるようにしよう」など、ユーザー目線に立って見た目をレイアウトするのがUIデザイナーの役割です。

UXとはUser Experienceの略で、簡単に言うと「ユーザーが体験する部分」のことです。

例えば、「WEBページでの滞在時間が短いからもっとユーザーが惹きつけられるコンテンツを用意しよう」、「コンバージョン率が悪いので、もっと商品の品質を良くしよう」、「商品検索のカテゴリ分けがわかりにくいからもっとシンプルにしよう」など、各データなどを参考にしながらユーザーがより快適にコンバージョンしてもらえるよう企画や施策を考えて実行するのがUXデザイナーの役割です。

UIデザイナー、UXデザイナーともにユーザーの目線に立って新しい企画を創り出していく企画力とリーダーシップが必要となるので、幅広い能力が必要となるポジションになります。

UIデザイナー・UXデザイナーに必要なスキル

  • ある程度のコーディング・プログラミングスキル
  • ユーザー目線に立った企画提案力
  • 新しい施策をメンバー強力して実現するリーダーシップ
  • データから課題を見つけて解決する分析力

WEBディレクター

WEBディレクター

WEBディレクターは各案件に携わっているクライアントとデザイナーやプログラマーなどのメンバーを統括する役割になります。

基本的には複数の案件を持つことが多く、各案件の納期や品質などが順調に進んでいるか常にチェックしておかなければいけないので、クライアントとはもちろんチーム内の連携がうまく取れるようなコミュニケーションスキルが問われる仕事です。

実際にデザインやプログラミングを行うことは少ないですが、ある程度の知識がないと的確な指示を出すことができないので、WEBデザインやプログラミングに関して最低限のスキルは必要となります。案件が上手く進んでいないときに関しては、自分でも手伝うことができるレベルであるほうが望ましいです。

WEBデザイナーに必要なスキル

  • クライアントとチーム全体をまとめるリーダーシップ
  • クライアントと円滑な仕事を進めるためのコミュニケーション能力
  • 案件を効率よく進めるためのスケジュール管理スキル
  • 業務状況を理解できる程度のデザイン・プログラミングスキル

WEBエンジニア

WEBエンジニア

WEBエンジニアは一般的にWEBアプリを制作する際に、実際にプログラミング言語を使ってシステム部分を含めて制作する役割になります。

WEBアプリを制作する場合はHTML・CSSのスキルはもちろん、Java・Ruby・PHP・Pythonなどのプログラミング言語から案件に応じて取捨選択し、アプリの開発を行っていきます。

大型の案件を任されることが多く、開発言語も多数ある中で必要に応じて使いこなす技術が求められるため、未経験者がWEBエンジニアを目指すとなるとかなりハードルが高くなります。

またプログラミングを使った開発環境の変化のスピードがとても速く、今まで最先端だった言語やスキルが2~3年で廃れていってしまうということも多いです。

そのため、常に新しいスキルを習得し続ける意欲と熱意を持っていなければ、すぐに時代の流れに取り残されて行ってしまう仕事でもあります。

しかし高度なスキルを求められるからこそ、今ITの市場ではエンジニアの人材不足が深刻化しており、アプリやシステムの開発経験が2~3年以上ある方はたくさんの企業から重宝され、転職活動に困るということはなくなるでしょう。

WEBエンジニアに必要なスキル

  • 複数のプログラミング言語を使ったアプリケーションの開発スキル
  • 新しいツールやスキルの学習意欲

ゴールを決める

上記で取り上げたWEB業界の肩書は一般的な企業の例であり、「この肩書を持ったからこれをできるようにならなければいけない」というような決まりはありません。

まだ勉強を始めたばかりだけど自分が目指しているのがWEBエンジニアだったらWEBエンジニアと名乗ってもいいですし、新しい肩書を自分で作ってしまっても構いません。

WEB業界の肩書の決め方についてはWEBコーダーとプログラマーの違いって何?|WEB業界の肩書の決め方も参考にしてみてください。

ただ、もしこれからWEB制作のスキルを身に付けていきたいと考えているのであれば、何を目指すかはしっかり決めた方が良いと思います。

一つのプロジェクトを成し遂げるのにこれだけの役割が細分化されているのは、それぞれ専門的なスキルが必要であり、一人で全ての業務をこなすということは大変難しいことだからです。

ただ漠然とAdobe Illustoratorを始めてみたり、プログラミング言語のRubyを始めてみたりと手あたり次第に勉強してみても、目標に向かって近づいているという実感が湧かないため、どこかで心が折れて挫折してしまう恐れがあります。

プログラミング言語の学習を始める方の大半は途中で挫折してしまうという話がありますが、もしアナタが独学でWEB制作のスキルを身に付けようとしているならばそれなりの覚悟を持って学習を始めるべきだと思います。

しかし大変な学習である分、WEBの世界を理解できると見える視野が大きく広がりますし、習得してからのビジネスやライフプランにたくさんの選択肢が生まれることは間違いありません。

その恩恵を考えると、私は少しでもWEB業界について理解を深める努力をしておくことは必要だと思いますし、今後の未来は今以上に価値が高くなる分野だと考えています。

適性を診断しよう

しかしゴールを決めろと言われても、WEB業界のことについて右も左もわからない方にとっては自分が何に向いているかわからないですよね。

そこで私が考える「目指すゴールを決める判断基準」ですが、下の3つを軸に考えていくべきだと思います。

持っているスキル × やりたいこと × 周りのニーズ

持っているスキルを活かそう

まず当然アナタがすでに何らかのWEB業界で活かせるスキルを持っているのであれば、それを活用しない手はありません。

実際にWEB制作に直結するようなスキルではなくてもWEB業界では活かされるというケースも多いと思いますので、このスキルは関係無いと決めつけず、周りの人から自分の長所を聞くなどしてピックアップし、WEB制作に結びつくものをじっくり探してみましょう。

例えばアナタが数学が得意なのであれば、プログラミング言語のPythonなどを使って論理演算子や条件分岐を他の方よりスムーズに学習することができます。これは機械学習やディープラーニング(AI)の開発においては大きなメリットになります。

ファッションブランドが好きでたくさんのECサイトから洋服を購入している方でしたら、ファッション系ECサイトのWEBデザインについてはユーザー目線に立つことができてUXの向上についてもアドバイスができる存在になります。

英語が得意なら、基本的にプログラミング言語の構文は英語を基に作られているので理解が早いです。また、海外のWEB制作会社との共同プロジェクトにも参画ができる強みがあります。

このように、パソコンに向かって得られるスキルだけがWEB制作に必要なスキルとは限りません。ちょっとした趣味でもWEB制作に活かせないか考えてみましょう。

やりたいことをやろう

ゴールを決めるということは理想のイメージの自分に向かって努力するうえで非常に重要なことですが、理想の自分に辿り着くまでは相当な努力や忍耐力が必要になるものです。

継続がしやすくするために、ゴールを目指す過程でも楽しめるものを選択するようにしましょう。

ゴールに到達するまでは遠く長い道のりになると思いますが、その過程が嫌々だったり苦痛を感じながらだったら継続することはできないでしょう。

やれと言われなくてもやってしまう自分が無意識に求めていることはどういうことなのかをピックアップして、それに紐づいたゴールを探すようにしましょう。

芸術やアートが好きな方はWEBデザイナー、細かな作業でも達成感を味わうのが好きな方はコーダーやエンジニア、人とのつながりを大切にしたい方はディレクター等のように、目指すものをカテゴリ分けして考えていけば良いかと思います。

周りが求めていることをやろう

意外と盲点になりがちですが、自分が今置かれている環境もうまく使わない手はありません。

アナタが会社員だったら、今どの分野の人間が足りていないかをしっかり見極めてスキルを習得する方が、力を付けた時に重宝されるのは言うまでもありません。

逆にその道のプロが多数ひしめき合っている状況の中で同じスキルを身に付けたとしても無用の長物となってしまいます。

個人的にビジネスに繋げる方法としても、友人などからホームページの制作をお願いしたいとよく言われる方ならフロントエンドエンジニアを目指せばすぐに仕事の依頼が入るかもしれませんし、WEB用バナーやLINEスタンプの制作などを頼まれることが多い方はWEBデザイナーを目指せばすぐに仕事に直結するかもしれません。

近年のIT技術は急速に進化しておりWEBの力を必要としている人はたくさんいるため、周りをじっくり見渡せば自分を必要としてくれる人が必ず見つかるはずです。せっかくの環境や人脈を無駄にすることなく、自分にとっても周りにとっても有意義であるゴールを目指すべきです。

仲間を作ろう

ある程度目指すべきゴールが定まったのなら、少しずつでも構いませんので一緒に努力する仲間を探しましょう。

基本的にプログラミング技術の習得は孤独です。周りに相談できる相手がいるのといないのでは習得スピードやモチベーションが全く変わってきます。

WEB制作系の職場で勤めている方なら同僚がいますが、そうでない方はなかなか仲間を見つけるのはハードルが高いことであるかもしれません。

私が仲間探しにオススメする方法は、コワーキングスペースです。

コワーキングスペース

コワーキングスペースとは、様々な業種の方が仕事や勉強の場として利用するスペースのことで、都心部であれば簡単にいくつか見つけることができるかと思います。利用料金は1時間200円~500円位が相場です。

コワーキングスペースにはWEB業界の人間が比較的多くいるイメージがあり、同じようにビジネスや仕事に通じる仲間を探そうという目的を持っている方が多いので、仲間探しにはぴったりの場所だと思います。

自分よりスキルが優れている方なら教えを請い、劣っている方なら教えてあげるようなことを繰り返していくだけで、知らず知らずのうちにWEB仲間が増えていくのではないかと思います。

まとめ

「WEB制作を始めるならまず何を目指すか決めよう」を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

WEB業界はなかなか学習ハードルが高い業界と思われがちですが、これからのWEBの将来性を考えるとやっていて必ず損はないと思いますので、この記事を読んで是非一度始めてみていただければ幸いです。

今は無料の学習ツールがたくさん出ており、勉強しやすい環境は整いつつあると思いますよ。

ちなみに私も絶賛仲間を募集中ですので大阪在住の方は是非お声がけください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です